Entries

チャーハン恐るべし

我が家は子供のいない共働き世帯だが、女房は通勤で僕は自宅スタジオでの仕事だ。

夕食は女房の手料理が多いが、朝食と昼食は自炊することが多い。

炭水化物を控えるために、ここのところ我が家ではご飯を炊くことは滅多にない。

しかし、仕事で頭の燃料が切れると効率が悪いので、昼食は発芽玄米のパックご飯を食べたりしている。

一応の栄養のバランスを考えて、野菜や、キノコや発酵食品などの菌類を多く摂るようにしている。

が、正直作るのも食べるのも面倒くさい。

正確には、料理は好きなのだが、作ることで仕事のペースが乱れて、それを元に戻すのが面倒くさい。

なんで人間は腹なんて空くのだろう。




ある時、チャーハンが、手早く作れて野菜などをたくさん入れられて、意外と便利なことに気がついた。

それも納豆チャーハンにはまってしまった。

作ったことのある人はわかると思うが、加熱して水分を飛ばすので、思った以上にたくさん野菜などを入れられる。

卵と納豆を入れれば、良質なたんぱく質も摂れて、これは栄養的に完全食じゃないか。

下ごしらえ入れて10分くらいでできるし。




物事を突き詰めることが好きな僕は、それから毎日のように納豆チャーハンを作り続けた。

また、試行錯誤することも好きなので、敢えてレシピなど検索せず、失敗を繰り返しながら作り続けた。

納豆は味付けせずに、最初に卵とご飯と炒めて、水分を飛ばして味を凝縮させた方が美味しいようだ。

糸もひかないし。

野菜は最後の方に入れて最強の火力でさっと炒めた方が、水分が出ない上に、野菜の歯ごたえを失わずに済むようだ。

味付けは完成直前にした方が、塩分で野菜から水分がでてこなくて良いようだ。




問題はご飯がなかなかパラパラに仕上がらないことだ。

発芽玄米を使うせいもあるかもしれないが・・・

電子レンジで加熱する時に、パックのシールを完全に剥がして水分を飛ばしてみた。

ほぐしてから電子レンジに入れてみた。

他にもいろいろ試行錯誤をしてみたが、どれも上手くいかない。




自分に負けたみたいで悔しいが、覚悟を決めてレシピを検索してみた。

すると、パックご飯のサトウ食品のサイトのでチャーハンのレシピがあったので、よく見てみると、

「ごはんは電子レンジで加熱せず、ほぐしてそのままご使用ください」

の文字が・・・。

ショックを受けつつも、納豆チャーハンを食べた直後にも関わらず、検証のために再び作ってみた。

あれほど悩んでいたご飯のパラパラ感が、あっけないほど簡単に達成されてしまった。

いやはや、発想力を売りにしていたつもりが、実はつまらない固定観念に縛られていたという情けなさ。

そして、腹一杯なのに、敗北感に打ちのめされつつ、再びパラパラの納豆チャーハンを腹に詰め込むことになった。


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://deep4kotobuki.blog.fc2.com/tb.php/97-ba8b2ff2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Deep寿

Author:Deep寿
フリーランスの作編曲家
たまにピアノ弾き

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR