Entries

EUR(ユーロ)が安くなったと喜んでいいのだろうか?

僕らのように打ち込みやってたりする人間には、EUR(ユーロ)安やUSD(ドル)安は有り難い。

ソフト音源やプラグインやプロ仕様の録音機器などは、ほとんどは米国か欧州で開発されたものだからだ。

音響機器などはメンテナンスの問題があるので、少々高くでも日本の輸入代理店で購入するケースが多い。

まあ、ビンテージ物などはメーカー保証などがとっくに終わっているので、その限りではないが。

しかし、ソフト音源やプラグインは英語マニュアルを気にしなければ、当たり前だがどこで購入しても性能は変わらない。



そんなこんなで、オーストリア製のソフト音源「Vienna Symphonic Library」の「Dimension Brass 1」というブラス楽器のライブラリーをたった今購入してしまった。

そして、データのDL待ちの間にこうしてブログを書いているわけだ。

25%引きのサマーセールにユーロ安とくれば、まったく我慢ができなかった。



最近の僕のアレンジのスタイルとして、歌謡曲の場合にビッグバンド的なニュアンスを入れることにチャレンジしている。

ビッグバンドとは、トランペット4、トロンボーン4、サクソフォン5、リズムセクション、という大編成のジャズバンドのことで、ジャズオーケストラと言われることもある。

日本では、ザ・ニューブリード、シャープス&フラッツ、ブルーコーツ、などが有名である。

もちろん、アレンジする時はケース・バイ・ケースの対応をするが、選択肢の1つというか、それをアレンジの売りの1つにしたいと思っている。

歌謡曲の最盛期である1960年代から70年代あたりのサウンドは、ビッグバンド+ストリングスの編成で録音や演奏されることが多い。

その頃の雰囲気を醸し出すアレンジを打ち込みでするとなると、リアルな音色で情感を打ち込める機能が充実している、良いブラス音源がぜひとも欲しい。

いろいろブラス楽器のソフト音源を購入してみたが、まだ決定版に出逢えていないので、もしそうなれば嬉しい。



そんな僕らのような仕事をする人間としては、EUR安は大喜びであるのだが・・・

しかし、EUR安やJPY高で日本の景気がもっと悪くなって、仕事が減って来たらどうしよう・・・

家計を節約するとなると、先ずは音楽などのエンタテイメントだからなぁ・・・

なんてネガティブに考えると仕事が進まなくなるので、しばらくは今を中心に3日前後くらいの狭い視野で、とにかく仕事に集中しなくては。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://deep4kotobuki.blog.fc2.com/tb.php/89-35f2ce88

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Deep寿

Author:Deep寿
フリーランスの作編曲家
たまにピアノ弾き

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR