Entries

敢えてミュージシャンとしてジャンルにこだわってみること。

プライベートの時、初対面の人に「お仕事は何をなさっているのですか?」とよく聞かれる。

まあ、ひげ面でユルい格好しているので、そりゃサラリーマンには見えないわな。

「ミュージシャンです。」と答えると、ほぼ100%聞かれるのは、

「どんなジャンルの音楽をやっているのですか?」

これには困ってしまう。

作編曲の仕事なんて、様々な価値観やニーズに応えられるスキルが命の仕事なのに、ジャンルなんて・・・

プレイヤーだって、ロックバンドとか、オーケストラとか、特定のジャンルの音楽だけでメシ食えるミュージシャンはいいけど、頂いた仕事を一生懸命取り組むことが全てで、ジャンルなんてこだわっていない(いられない)ミュージシャンがほとんどだと思う。



逆の立場で考えてみると、プロのミュージシャンの現場を知らない人にとっては、ジャンルでカテゴライズしないと、ミュージシャンという職業は解り難いものなのかもしれない。

ステージや音楽番組でキラキラ光り輝いている存在?

オーケストラで燕尾服を着て、至高の芸術を目指す求道者のような存在?

ストリートで懸命に自己表現している存在?

体制批判を叫び、荒ぶれながらもピュアな存在?

ミュージシャンにとってそんなカテゴライズは迷惑に思えるのだが、解り易さや親しみやすさの観点で考えてみると、ジャンルという切り口もあるのかもしれない。



ジャンルの背景には生活や文化があると思う。

誰もが、自分の価値観や生活感からかけ離れた音楽を聞く事は、苦痛ではないかと思う。

昼間はひたいに汗して働き、夜の一杯の酒と演歌。

コンピュータと納期とデバッグの戦いの日々に、寝る前に聞くボサノバ。

子供と手をつないで保育園の送り迎えの時の一緒に歌う、アニメソングや童謡。

ミュージシャンとして、自分の音楽はどういった人達の心に届くのか、届いて欲しいのか、熟考してみるのも良いかもしれない。



「どんなジャンルの音楽をやっているのですか?」に対して、

僕は「作編曲やってます。具体的には劇伴という映画や演劇やドラマのBGMを作ったり、歌謡曲や演歌の編曲とかやってます。」

長い上に解り難い。

「劇伴」の定義から入らなければ解らないし、歌謡曲とか演歌とかは「あの着物着て唄ってる音楽のこと?」なんて思われてしまうかもしれない。

僕はどちらかと言えば、ステージで輝く存在ではなく、そういう人を支えるスタッフとしての色が濃いので、自分の仕事の説明としては、もしかしたらそれでいいのかもしれない。

しかし、自己表現で輝くことで収入を得るタイプのミュージシャンなら、ジャンルにこだわって、解り易さや親しみ易さを表現することも必要かもしれない。

やっぱり、僕はそういう人を支えることが仕事なので、それでいい、ではいけないな。

敢えてミュージシャンとしてジャンルにこだわってみることを、しばらく考えてみようと思う。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://deep4kotobuki.blog.fc2.com/tb.php/53-73be80c8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Deep寿

Author:Deep寿
フリーランスの作編曲家
たまにピアノ弾き

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR