FC2ブログ

Entries

エレキはハコものギターが好きだ。

今回はちょっぴり専門的かな。

興味のない人はいつものようにスルーしてね。



エレキギターは大雑把に分けると、ソリッドボディ(分厚い1枚板)とホロウボディ(空洞がある)の2種類になる。

ソリッドボディ  ストラトキャスター、テレキャスター、レスポール、など
ホロウボディ   フルアコースティツク、セミアコースティツク、など

ソリッドボディは生音は非常に小さいが、分厚い(ソリッド)1枚板は音の振動を殺さない工夫なので、ギターアンプからの出音は非常に伸びる。

ホロウボディの生音は、特にフルアコースティツク(フルアコ)はそれなりに鳴るが、ギターアンプからの出音はあまり伸びない。

セミアコースティツク(セミアコ)はは中心部分がソリッドなので、ソリッドとフルアコの中間くらい音が伸びる。

ホロウボディの「ホロウ」は空洞という意味なのだが、じつはリッケンバッカー(ビートルズが使っていて有名)も空洞があったりするので、区別する為にフルアコやセミアコをハコものギターと呼んだりする。

ハコに弦が共振し、反響して複雑な倍音ができて、その結果があのメロウで暖かくも哀愁のある音色になるのだろう。



確かに「ジェフ・ベック」とか「クラプトン」とか「スティーヴィー・レイ・ヴォーン」とか「スラッシュ」とか、ソリッドギターをメインに使うギタリストの演奏は華があってカッコイイと思う。

が、実は「デビット・T・ウォーカー」とか「エリック・ゲイル」とか「ウェス・モンゴメリー」とか「ジョージ・ベンソン」とか、ハコものギターがメインのギタリストの方が好きだったりする。

やっぱり、俗にいう「モータウン系」の音楽が好きでこの業界に足を踏み入れた経緯があるので、どうしても・・・

まあ、その話は長くなるのでまた今度。



そこで、ソフトシンセの「CHRIS HEIN GUITARS」。

非常に残念なことに実はもう廃盤・・・

しかし、このソフトの「ジャズギター」の音色はもう最高。

それもピック弾きと指弾きが用意されている。

これを、アンプシミュレーターのプラグイン「Avid / Eleven」の「'59 Fender Tweed Deluxe」を通すと、涙ものの音色になる。

凄く気に入って、僕のアレンジの最低50%は使っていると思う。

もちろん、予算があって凄腕スタジオミュージシャンの演奏に差し替えられたら、言う事は無いが・・・

でも、この音色はデモの段階のアレンジでも気持が乗ってくる。

それに、リードもバッキングも非常に細かい設定ができて、本気で打ち込めばかなりリアルな演奏を表現出来る。



買っていて本当に良かったが、廃盤ということはアップデートはもう金輪際ないと言う事だろう。

売れなかったから廃盤になったのかなぁ・・・

本当に残念だ。

「CHRIS HEIN」さんの気が変わるといいんだけどなぁ・・・




関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://deep4kotobuki.blog.fc2.com/tb.php/22-80ecf0c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Deep寿

Author:Deep寿
フリーランスの作編曲家
たまにピアノ弾き

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR