FC2ブログ

Latest Entries

良いノイズと悪いノイズ

コンピュータやIT技術が苦手の人はよく「自分はアナログ人間なので、デジタルは苦手です」という言い方をする。

しかし、レコーディングの現場では、コンピュータの中で数値化された信号がデジタルだし、マイクやアンプなどで空気振動を電圧変動に変換した信号がアナログだ。

アナログ信号は、トランジスタなどの半導体や真空管などで小さな信号を大きい信号に増幅処理が行われる。

その時、必ずノイズがアナログ信号に混ざってしまう。(エンジニアさんはノイズが乗るという)

そして、そのアナログ信号はテープレコーダーに記録され、そこでテープヒスノイズという新たなノイズが加わる。

昔はそのノイズを聴感上小さくなるように録音技術が工夫され、ノイズの少ないクリアな録音が良い録音とされてきた。



翻って現在の録音はどうであろうか。

ノイズのないクリアな音の処理が行われるコンピュータ内部のデジタルデータに、わざわざノイズを乗せることがトレンドだ。

そのノイズは、名機と呼ばれているアナログのマイクアンプやイコライザーやコンプレッサーやテープレコーダーのノイズをシミュレートしたプラグインで発生させる。

それも、内部のひとつひとつの部品のノイズを解析して、かなり正確にシミュレートしている。

乗せるノイズもなんでも良いわけではなく、良いアナログ機材のノイズは良いノイズということのようだ。

たしかに、不思議なことに良いノイズを加えると、温かみのある、言うなれば人間的な音になる。



今ここで耳を澄ますと、風の音、遠くの車や電車の音、空調音、鳥や虫の鳴き声、など環境音が聞こえるはずだ。

普段は意識をしない環境音であるが、それがある環境が自然であると脳が認識しているのであろう。

そんな環境音に囲まれている中に、ある音にノイズが含まれないと脳が認識すると、不自然なものとして、その音を感覚的に拒否したくなるのかもしれない。

そう考えて行くと、もしかしたら悪いノイズは、ノイズの無いことなのかもしれない。

やっぱり、純粋無垢であることより、ノイズで少し汚れた方が人間的なのだろう。

癒される美しいMV「君のためにできること/大下香奈(ホリデージャパン)」

ある有名なソムリエが、ブログで「ワインは価格が正義」と書いていた。

高価だから美味いとか、味が今ひとつでも低価格ワインが良いとか、そんな意味ではないようだ。

高価で不味いワインもあるし、低価格で程々に美味しいワインもある、と言う意味だったと思う。

ワインは環境の変化の影響を受けやすく、保存方法や運搬方法で味が変わる。

赤道直下をコンテナ船で、50度以上の温度で熱せられたワインは、もちろん論外に不味い。

フランスやイタリアの現地で激安のワインでも、定温コンテナで輸入されたものは、低価格でも美味い。

高価なワインでも、輸入業者が温度管理の悪い倉庫に保管してあったら(保管料が安い)、不味いワインになってしまう。

ワインは相場があるので、ワインの知識がないのに金儲けで安く仕入れて高く売ろうと思っている、悪徳輸入業者はやりがちだ。

ただ酔っ払う目的ではこんな話は面倒臭いだけであるが、ワインを趣味として考えれば、なかなか奥が深くて楽しい。




さて、昨年の10月24日にリリースされた「君のためにできること/大下香奈(ホリデージャパン)」のMVの美しい映像に癒される件。

このシングルはタイトル曲とともにカップリング曲「この街で」も編曲させていただいた。

「君のためにできること」は、メモリーグラスのヒットで有名な堀江淳さんの書き下ろした楽曲だ。

なんでも、嫁いで行く娘さんに対する想いにインスパイアされて作られたとのことだ。

大下香奈さんは、現役のアナウンサーで歌手であるという才色兼備な方で、伸びやかな高音が美しい。

ドローンを駆使した空撮があり、誰もが大自然のの美しい風景とともに、美しい声に癒されるここと思う。

伊豆半島に旅行に行かれた方にはお馴染みの場所での撮影のようだが、ドローンを使っているのに、よく外部の人が誰も映らない映像が撮影できたものだ。

心身共に疲れた時、美味しいワインを片手に、視て、聴いて、癒していただけたらと思う。


バリカンの上手な美容師

男の50代で、清潔感のあるスタイリッシュなヘアスタイルを考えると、非常に限られてくる。

僕は今年で58歳になるのだが、白髪も増えてゴマ塩だし、猫っ毛でコシがなくなり、額部分は後退し、頭頂も薄くなってきた。

そうなると、ツーブロック一択になるように思う。

両サイドの刈り上げが必須だし、僕は後ろも刈り上げている。

できれば、バリカンが上手な人に刈り上げてもらいたいが、ヘアサロン(美容院)の美容師にはあまりいないように思う。

もちろん床屋に行けばいいだけの話だが、EXILEや三代目のメンバーのようなアスリート的な精悍な感じになるので、僕のようなアラ還のオヤジにはちょっと厳しいかも。

できれば、ヘアサロン(美容室)でソフトで、ちょっぴり男らしいツーブロックにしたいと思う。



僕の毎月行っている近所のヘアサロンの美容師(女性)は、何の迷いもなく、いきなりバリカンでバッサバッサと刈り上げる。

多くの美容師は、ためらいながらチビチビとクシを当てながらのバリカンを使うので、地肌のスケ感が今ひとつだ。

地肌と刈る髪を直視してバリカンを使わないと、あまり男らしさの演出ができないように思う。

床屋的な男らしさは僕には厳しいが、若干の男らしさは欲しい。

やっぱり、つくづく思うが、クシで刈る部分を隠してはダメだ。



ふと思ったが、これからは「バリカンの上手な美容師」の需要が高くなるのではないか。

僕のように考えている40代50代60代の男性も多いと思う。

AI(人工知能)でなくなる仕事のことが日々取り沙汰されている世知辛いご時世だが「バリカンの上手な美容師」はそんな中でも勝ち抜けるスキルではないかと思う。



今日は、そんなこと考えながら「バリカンの上手な美容師(女性)」に髪をバッサバッサと刈り上げてもらっていたわけだ。

オリコン「週間演歌歌謡シングルランキング」23位!「笑顔の花束/藤森美伃(徳間ジャパン)」

先日、僕が編曲をした「笑顔の花束藤森美伃徳間ジャパン)」のプロモーション動画のPV数が伸びている記事を書いたが、昨日発表のオリコン週間ランキングで「週間シングル 118位」「週間演歌歌謡シングル 23位」になった。

その記事に書いたYouTubeの動画のPV数も現時点で12221PVに躍進している。

普通は、リリース日に瞬発力でセールスを出して、その週のオリコンランキングに入るケースが多いように思う。

しかし、2/6リリースで35日後のにオリコンのランキングに入ることは珍しいケースではないだろうか。

これは、藤森美伃さんご本人と作詩作曲のたきのえいじさん、そして徳間ジャパンの3者がタッグを組んだ、プロモーションとキャンペーンの成果だと思う。

関係者の皆さんの努力に頭の下がる思いだ。

藤森さんご本人に今後の動きを伺ったところ、東京周辺のキャンペーンが終わり、これから名古屋や大阪方面にキャンペーンを行い、さらに北陸や東北の方面へ足を延ばす計画とのこと。

まだまだこれからランキングが上がることが期待できそうだ。



藤森美伃さんと、たきのえいじさんが出演している、「笑顔の花束」の歌唱についてレクチャーしている動画があるので、ぜひご覧にになっていただきたい。

サックス奏者の近藤淳さんが、YouTubeで面白いことをやっている。


昨年の夏に、ワイン好きが高じて、22本入りの小さなワインセラーを購入した。

安いワインをワインセラーで一年くらい熟成させて、美味しくなった頃に飲もう、なんてさもしいことを考えていた。

しかし、熟成するまえにどんどん飲んでしまうので、ワインセラーに入っているワインは常時4本くらいで、何のために購入したのやら。

ある時ふと、2、3日でもワインセラーに入れておくと、かなり美味しくなることに気がついた。

赤ワインミディアムボディかフルボディばかり飲んでいるのだが、それらに限ってなのかもしれないが。

14度の定温で、紫外線のカットされた振動のない静かな環境で、何かが落ち着いて味が安定するのかもしれない。

安いワインを美味しく飲むという意味合いで、購入したのは正解だったかもしれない。

ただ、安くて美味しければ、自然と酒量は増えるよね・・・




ところで、仕事で大変お世話になっている、日本有数のサックス奏者の近藤淳さんが、YouTubeで面白いことをやっている。

めちゃモテないサックス Channel5513」という番組名で、昨年の7月から定期的に更新されて、現時点で39回目だ。

「歌心たっぷりのサックス」の演奏と、人柄がにじみでる暖かくて素朴なトークに、誰しも癒されることと思う。

売れっ子ミュージシャンで物凄く忙しいはずなのに、楽しそうに更新し続けているエネルギーと情熱に、ただただ驚くばかりだ。

その第1回目が、こちらだ。



僕の編曲した「笑顔の花束/藤森美伃(徳間ジャパン)」のスポット映像が公開されている


最近、理由がないのに涙がでる。

歳とって涙もろくなったのか。

心が疲れて「うつ」になってしまったのか。

いろいろとググってみたところ、そんな大仰のものでなくて、いよいよ花粉症デビューのようだ。

幼い頃からハウスダスト系アレルギーは強力で、IgE抗体検査350の喘息とアレルギー性鼻炎持ちなのだが、花粉症は幸いなことに皆無であったのだが。

リアルでお付き合いのある方は、花粉症でズルズルにボロボロになっても、生暖かく見守ってほしい。



さて、2月6日に徳間ジャパンよりリリースされた「笑顔の花束/藤森美伃」。

「笑顔の花束」とカップリング曲「東京しぐれ街」の2曲の編曲をさせていただいた。

「笑顔の花束」はファド的世界観を演出した編曲で、ポルトガルギターをフューチャーしているのだが、日本有数のマンドリンプレーヤーの「和智秀樹」さんに演奏していただいた。

そのタイトル曲である「笑顔の花束」の、プローモーション用のスポット映像が公開されているのだが、ありがたいことに、現時点で9223PVに達し、10000PVも間近だ。

演歌歌謡曲系では、短期間でかなりのPV数だと思われる。

このブログを見た方は、ぜひともご覧になっていただきたい。






最近「フレディ」に似ていると言われる。

最近「フレディに似てるね」と言われることが多い。

どうやら、フレディとは「フレディ・マーキュリー」のことらしい。

もちろん僕は、あんなにカッコ良いわけはないし、腹は出てるし、頭髪もさびしいし、足も短いし、共通点はちょび髭くらいだと思うが。

やはり、大ヒット映画の「ボヘミアン・ラプソディ」の影響からか、ちょび髭生やしている人に「フレディに似ている」と言えば、とりあえず場が盛り上がるということか、と思っていた。

僕はその映画を見に行っていない。

屁理屈野郎と思われるかもしれないが、サイドストーリー無しで音楽そのものだけを感じたいという想いがあり、昔からミュージシャンが主人公の映画は見ないようにしている。

もちろん、ミュージシャンとしてフレディ・マーキュリーとクイーンはリスペクトしているし、僕の修行時代には、彼らの楽曲をバンドでコピーしたり、ピアノソロに編曲したり、かなり勉強をしていた。

しかし、ミーハーな妻が1人でその映画を見に行ったらしく、妻にまで「フレディに似てるね」と言われる始末だ。

そこまで言われると、少し思い当たることがある。



30歳台の後半に、ある音楽事務所との契約が切れて(クビになったとも言う)本業だけでメシが食えなくなった頃のこと。

アルバイトで溶接工として工場で働いていたことがある。

あまりの重労働で、ブヨブヨの軟弱な肉体はガテン系の体つきになり、ピアノ弾きなのに指は両手合わせて7本もバネ指になったが、ちょっとのことでは挫けない根性と精神力は養われたと思う。

その時の同僚に、イラン人やバングラデシュ人やパキスタン人がいたが、彼らは顔つきに親近感を覚えるらしく「あんた本当に日本人?僕らの国の人じゃないの?」と良く言われた。

共通するのは、彼らは「アーリア人」。

そういえば、フレディもルーツはインドで、アーリア系だ。

僕の父は関西、母は九州の出身で、先祖にアーリア系の人はいないように思うのだが。



3年ほど前、とあるパーティーでキューバ人のダンサーと隣り合わせになったことがある。

彼に「日本語喋って日本人のフリをしてるけど、本当はあんたキューバ人でしょ」なんて言われた。

えっ、キューバといえば、スペイン系とアフリカ系とネイティブ系の混合した民族の国じゃないの?

調べてみると、ドイツ系などアーリア系の人も多いとのことだ。



どうやら、ちょび髭でなく、顔つきが「アーリア人」っぽい、とのことのようだ。

それがどうした、と言われればそれまでの話だが。

あの「独裁者」に似ている、と言われないだけ遥かに良い。

というか、大変光栄なことだと思うが・・・

しかし、それで編曲の仕事がもっと増えるともっと良いのだがなぁ。

情報は取りに行くもの?

僕らの世代は、情報は教えてもらうもの、という感覚があるかもしれない。

何か情報が欲しい時は、師匠や、先輩や、教師や、親や、友人に、先ずは教えを請うことを考えるような気がする。

それには、教えてもらうことより先に、良い人間関係が必要だ。

良い人間関係があることが、良い情報を得るという価値観が、根強く染み付いている気がする。

それはそれで正しい面もあるのだが、反面、情報の内容が偏りやすいという問題がある。

物理的な意味で、人間関係を築けないところからの情報は得られないからだ。



音楽の作り手として感じることだが、今まで膨大なコストをかけて作り上げていたものが、イコールでは決してないが、信じられないぐらいの低コストで、その近くに辿り着けるようになってきたことだ。

「その近く」が年々どんどん近づいてきて、現時点では薄皮一枚ぐらいの感覚になってきたように思う。

それはテクノロジーの進歩であるのだが、残念ながらそれの発信地は日本ではない。

もちろん日本に先駆的に取り組んでいる人もいるのだが、僕らの世代ではまだ少数であるようだ。

これからは欲しい情報は、国境や世代を超えて取りに行かなければ手に入らない時代になってきたと思う。

もちろん、インターネットを通して情報に接することは可能なので、玉石混交する中で正確な情報にたどり着けるスキルが問われるということだ。

グーグルの翻訳も非常に優秀なので、語学力で劣等感を持ちがちな僕らの世代でも、恐れる必要はなくなってきた。

あとは実践と、スクラップ&ビルトを行う勇気を持つことだ。

今年というよりも、これからも継続して「実践とスクラップ&ビルト」の日常を生きていきたいと思う。

11/21発売「勝手にしやがれ/オッサンズ(川崎麻世・大沢樹生)」の編曲を担当

11/21発売「勝手にしやがれ/オッサンズ(川崎麻世大沢樹生)」の編曲を担当した。

この楽曲は、誰もが知っている沢田研二さんの大ヒット曲をリメイクしたものだ。



元曲の編曲は、僕らアレンジャーにとってカリスマである船山基紀さん。

その船山基紀さんの代表作であり、完璧なアレンジであり、誰もが一瞬にしてわかる物凄いイントロがあり、非常なプレッシャーだった。

どなたか歌手の、昭和のヒットからのカバー曲として、アルバムの1曲であったり、シングルのカップリング曲であれば、どんなに楽だったであろう。

実際、多くのカバーがあり、昭和の代表曲としてカバーすること自体は楽曲に対するリスペクトだと思う。

しかし、誰もが知っている「川崎麻世さん」と「大沢樹生さん」の新ユニットデビュー曲となると、そんな訳にはいかなかった。

普通カバー曲の編曲は、オリジナルな雰囲気をできるだけ残し、元曲に対するリスペクト感を濃厚に編曲するのだが、今回はメーカーのディレクターから、「元曲と全く違う編曲にしてくれ」とのオーダーだった。

あのイントロを変えるのか・・・

納期が厳しかった部分もあるが、プレッシャーからか、ほとんど3日間寝ないで、ただひたすら編曲した。

歌の録音にも立ち会い、ディレクションのお手伝いもした。



普段は歌謡曲や演歌の仕事が多い中で、今回は「大人のロック」。

そして熱い歌唱とサウンド。

ちょっと愚痴っぽく書いたが、本当は望むところだった。

歪んだギターの音も、ハードなドラムサウンドも、本当は大好きだったはずだ。

とにかく、今の自分の全てを出し切ったように思っている。



プロモーション用のスポット映像が公開された。



演歌に使われる意外な楽器(その6)

最近、首都圏以外の方にお会いする時の手土産に「崎陽軒のシウマイ(真空パック)」が喜ばれる確率が高いことに気がついた。

日本の食文化の中心と言っても良い「京都」においても、同様だ。

僕は東京の杉並区で育ったのだが、デパ地下などで母親が買ってくる崎陽軒のシウマイ弁当は、ちょっとしたご馳走であったが特に珍しいものではなかった。

凄く美味しいというわけではないが、冷えても普通に美味しいのが何よりの長所だと思うが。

そして、東京土産ではなく横浜土産だ。

何故なのだろう。

東海道新幹線に乗るための最寄りの駅は「新横浜」なのだが、安直にそこで手土産の「崎陽軒のシウマイ」を購入しているだけなのだが、不思議にすごく喜ばれる。

東北や北陸に行く時にも、東京駅で購入できるのはありがたいのではあるが。

その理由をこ存じの方は、ぜひ教えていただきたい。



さて、演歌に使われる意外な楽器の紹介だが、第6回は「ケーナ(Quena)」だ。

主にフォルクローレの演奏で使用される南米のペルーやボリビアの民族楽器だ。

尺八と同じような構造で、縦笛であり、最上部の切り込みが歌口である。

音色は尺八よりフルートに近い感じで、澄んだ音色で、装飾音やビブラートなどの表現力がすぐれている。

聞いたことのある人も多いと思うが、サイモン&ガーファンクルが歌う「コンドルが飛んでいく」のVocalとユニゾンしている笛が「ケーナ」だ。

それがどうして演歌かというと、どういうわけだか「旅情」を表現するのにピッタリの音色なのだ。

「NHK 小さな旅」のテーマ曲のイメージもあるのかと思うが、イントロの音色はオカリナだ。

ただ、そのオカリナの音色なのだが、通常のオカリナよりケーナ的に感じられる部分もあり、もしかしたらケーナの音色でもそれがイメージできるのかもしれない。

オカリナを吹いたことがある方はご存知だと思うが、音域が狭く、音量のコントロールは難しく、どんなフレーズでも吹ける楽器ではない。

ケーナは音域が広く、音量のコントロールも容易で、大概のフレーズは演奏可能なので、アレンジャーとしては使いやすい楽器である。

他にケーナの音色が旅情を感じさせる理由があるのかもしれないが、理由はともかく、使い方がはっきりしていて、ツボにはまれば大成功する、アレンジャーにとって大切の楽器の1つである。



さて、「ケーナ」はもちろん手練れのスタジオプレイヤーに演奏してもらうのが一番であるが、予算の関係で打ち込む場合、僕のお薦めは、

best service/Ethno World 6 Instruments

これは相当に有名なソフト音源で、特に劇伴(劇中伴奏音楽)関係で持っている人も多いと思う。

これに収録されているケーナなのだが、特に難しいテクニックを必要とせずに「それっぽく」打ち込めてしまう便利なソフト音源だ。

「Ethno World」は他にも使える民族系生楽器の音色が非常に多いので、アレンジャーに必須のソフト音源と言っても過言ではないだろう。

Appendix

プロフィール

Deep寿

Author:Deep寿
フリーランスの作編曲家
たまにピアノ弾き

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR