FC2ブログ

Latest Entries

なんでミュージシャンなのか?(その2)

前回「なんでミュージシャンなのか?(その1)」の続きで、今回は「楽器を弾き続ける動機」について書いてみよう。


その動機は大雑把に分けて、3つのタイプがあるように思う。

1、演奏する仲間との時間を楽しく共有したり、観客と一体となり喜びを分かち合うライブを行ったり、コミュニケーションが動機で楽器を弾くタイプ。簡単に言えば「ノリの良い人」。

2、人から注目され、賞賛されるような、他者に影響力を行使することが動機で楽器を弾くタイプ。簡単に言えば、「スター志向の人」。

3、目的(プロになりたいとか)にむかって1人でコツコツ積み上げ、演奏力を極めることが動機で楽器を弾くタイプ。簡単に言えば「職人気質の人」。

もちろん、3つともにあるという人や、その時その時で変化する場合もあるだろうが、長いスパンで見た場合3つのタイプのどれかの傾向がある、と大雑把に考えて欲しい。



「1」のタイプは家庭や仲間を大切にするので、バンドの解散、音楽仲間の人間関係の悪化、結婚や出産などのライフイベントなどの理由で、辞めてしまう人が多いように思う。

人としては何も間違っていないが、プロミュージシャンにはあまり向いていないように思う。



「2」のタイプは、エゴイストな傾向があるので、人を踏み台にする場合もままあるが、それでも人に憎まれない人懐こさや愛嬌があれば、ミュージシャンとしてより「スター」として成功するケースは多い。

ただし「スター」になれないと思えばあっさり見切りをつけて、別分野に切り替える変わり身の早さがあるように思う。



「3」のタイプは、どんなに生活が追い詰められても楽器を弾いている強い信念のある人が多いが、才能の限界を見極められずに、辞め時を逸してしまうことも多い。

趣味として楽しめたら良いのだが、それもできずに不器用に貫く人が多いように思う。



リアルで僕を知る人は「Deep寿は職人っぽいから3だな」と思うだろう。

だから「3のタイプがプロミュージシャンに向いているように書いている」と思うことだろう。

しかし、プロとして成功するのは「2」のタイプが多いように思う。

スタジオやツアーでプロとして活躍しているミュージシャンは、皆その楽器の世界では「スター」だ。

「スター」には華がある。

華があるから、お金を払ってまで、聞きたい、観たい、と思うわけだ。

僕も「3」である自覚はあるのだが、「2」の要素がかなり足りないので、もっと華のあるアレンジをするためにも、自己顕示が必要だと思って日々試行錯誤をしている。

「2」のタイプの人とは何か動機が違う気もするが・・・



しかし、華のある「スター」のプロミュージシャンになっても、一部の「大スター」を除いて、あまり稼げていない。

その超一流の情熱で、IITベンチャーを立ち上げたり、行列のできるラーメン店を経営した方が、もっと大きい成功になると思う。

そこでまた、前回の、

「なんでミュージシャンなのか?」

に戻るわけだ。

動機だけでは語れない何かを、次回に書こうと思う。

なんでミュージシャンなのか?(その1)

当たり前の話だが、ミュージシャンは誰でも楽器を弾くきっかけがあるはずだ。

僕は親に物心がつく前に無理やりピアノを弾かされたらしい。

両親ともにミュージシャンなので、生活のなかで楽器を弾く行為は、当たり前のことだったのだろう。

楽器を弾きこなすためには、辛い反復練習がある一定期間必要だが、子供のの頃にそれを叩き込むつもりだったのだろう。

練習しないと叩かれたり、ご飯抜きにされたり、とにかくピアノを弾くことは苦痛だった。

辛い思いで練習しても、残念なことにあまり上達はしなかった。

今では自分の楽器はコンピュータだと思っているが、楽器を弾くという行為は、それでも途切れずに続いている。



異性にモテたいし、カッコいいから、という理由で楽器を弾き始めた人も多いと思う。

そして、バンドを組む、あるいは部活などでブラスバンドやオーケストラに参加するなど、人との繋がりの中で音楽活動を楽しんでいくのだろう

その後、仲間との楽しい思い出を胸に、就職とともに音楽活動を止めていく人も多いと思う。

または、就職しても趣味として続けている人もいるであろうが、人生の大きなイベントがあればそれを優先することは人として当たり前なことであろう。

そういう中で、プロのミュージシャンを目指す人も一握りであるが、確かに存在する。



ミュージシャンはとにかく稼げない。

僕は運がいいことに、今はなんとか食べていけるぐらいに稼げているが、多くの人は厳しい生活の中、バイトなどで糊口をしのいで、それでも楽器を手放さずに生きている。

僕も40過ぎるまではバイトに明け暮れ、最後のバイトは溶接工で、その重労働のおかげで指の7本は腱鞘炎でバネ指だ。

そして、音楽を続けるために離婚もして、いろいろなものを捨ててきた。

それでも諦めなかったから、なんとか食えているのかもしれないが、その情熱を他の仕事で発揮すれば、もっとお金は稼げていたように思う。

「なんでミュージシャンなのか?」

これから何回かに分けて、経験を交えて僕の思うところを書いていこうと思う。

鼻中隔湾曲症の手術、その後

2017年12月に手術(鼻中隔矯正術下甲介粘膜切除術)をしてから、1年と8ヶ月たった。

大げさな術名だが、鼻の中の曲がった部分を矯正して、鼻呼吸をし易くするための手術で、その時のことを書いた記事はこちらだ。

当時は、鼻から息を吸うたびに手術のあとが沁みるように痛くはあったが、世界中の空気が僕の鼻をめがけて押し寄せて来るような爽快感があった。

その後、いろいろと感じたことを列記してみる。


良くなったこと

1、睡眠の質は格段に良くなり、息苦しくて夜中に起きるようなことは無くなった。

2、口呼吸をすることがほぼ無くなり、あごの周辺がすっきりと引き締まってきた。

3、食べ物や飲み物が美味しくなり、赤ワインのように香りの良いものに惹かれるようになった。


気になったこと

1、アレルギー性鼻炎が治癒したわけではないので、鼻が詰まったりすることは皆無ではない。

2、手術しても鼻毛は生えるので、そのケアーはサボれないこと。



やはり、良くなったことの方が圧倒的に多い。

ただ、集中力が高まることを大いに期待していたのだが、その効果が感じられるのに10ヶ月ほどかかった。

もしかしたら僕だけなのかもしれないが。

勝手な推測で恐縮だが、もしかしたら、身体や脳がその状況に馴染むのにそのくらいかかるのではないだろうか。

手術は、身体の方からみれば大怪我をしたことと変わらないので、先ずは回復ということで身体が反応したのかもしれない。

鼻は非常に脳に近い部分のなので、尚更なのかもしれない。

とにかく睡眠時間を必要として、脳も疲れやすかった。

現在は手術前より明らかに仕事のパフォーマンスが上がり、発想力不足で苦しむことが少なくなった。

僕自身としては、手術をして良かったと心から思っている。

特に、赤ワインが美味しくなって。

アレンジャーの4段階評価(その2)

忙しいから飲まない、なんて偉そうに前回の記事に書いたが、やっぱりと言うか、結局と言うか、泡盛古酒「比嘉酒造 残波プレミアム30°」を購入した。

高温高湿にはやはりこれに限るでしょ、ということで毎晩ヘベレケになっている。

ひとまず仕事が一段落して、安心して飲めるようになったという訳だが。

僕はテレビはほとんど見ないし、映画も動画もあまり見ない。

もちろん、劇中伴奏音楽(劇伴)の仕事もある関係で、研究対象として集中的に見ることはあるのだが、クールダウンしたいプライベートな時は、音のない静かな空間で癒されたい。

夜遅い時間に、1人で電子書籍を読みながら泡盛古酒を飲むのが、今は一番の癒しの時間だ。



アレンジャーの4段階評価、「カッコいい」>「無言」>「良い」>「悪くない」の、前回の続きで、「無言」と「カッコいい」についてだ。

3、「無言」

これは僕の受ける評価で1番多い。

なので、何十年も評価をいただいていることに気がつかなかった。

この場合、クライアントは「アレンジは良し。次は歌だな。」など、思考が次に向かっているということだ。

同時に「プロなんだから、何も言うことがないくらいできて当たり前でしょ。」と思われている可能性もある。

「無言」は割といい評価には違いないのだが、プロとしての標準のラインに到達したというだけで、次の仕事で「良いアレンジなんだけど、いつもとあまり代わり映えしないなあ。」なんて、評価が一段階下がることもある。

安心してはいけない。

やはり、「維持」ではなく「進歩」を求められている訳で、スクラップ&ビルドの日々をエンドレスで、ただ黙々とおくるしかないのだろう。


4、「カッコいい」

これは最大級の評価で、思わずでてしまった感嘆詞だ。

ただし「カッコいいアレンジだね。」と言われたら、その瞬間に評価の標準のラインが変わったと思わなければいけない。

次の仕事が同レベルの場合は「無言」の評価に一段階下がる可能性は高い。

どこまでも安心と安定はない。

ストレス解消に酒が進む訳だ。

アレンジャーの4段階評価(その1)

ここのところ、締め切りに追われる日々が続き、ようやく一息ついたところだ。

あまりに忙しいと酒飲んで酔っ払う時間も惜しくなり、5月中旬以降は、平均的に言えば3日に1回くらいのペースでしか飲んでいない。

湿度が高いと美味しくなる「泡盛の古酒」は、ついつい飲みすぎて二日酔いになる可能性が高いので、赤ワインやビールなどのアルコール度数の低いお酒で我慢した。

梅雨時の楽しみの「泡盛の古酒」が飲めないのは悲しいが、それでも仕事があることは、なんだかんだ言っても有難い。



日々、アレンジャーという仕事をする中、次の仕事が来ることが評価だと長年思ってきた。

しかし、実はシビアな評価を直接いただいていたことが、ここ5年ほど前に気がついた。

気がつくのが30年遅いけど。



通信簿の5段階評価のように、実はアレンジャーにも4段階の評価があるようだ。(僕だけかもしれないが)

それは、「カッコいい」>「無言」>「良い」>「悪くない」の4段階だ。


1、「悪くない」

最悪の評価である「悪くない」は実は枕ことばで、下記のようにその後に続く場合が多い。

「悪くはないのだけど、なんか・・・グッとこないんだよね。」

こんな感じで、抽象的な言葉が続く。

「悪くない」から始まる評価は、全然ダメな全否定で、最初から作り直せ、という意味だ。

ストレートに「悪い」と言ったら人間関係が壊れるので、オブラートに包んだだけで、心底恐ろしい評価だ。

作り直せなら、まだチャンスはあるわけで、そこに賭ける以外の道はないと思う。

しかし、外的要因の大人の事情で、クライアントが発注したのに断らざるえない時も使われることがある。

その場合、そこを察して、悔しさを飲み込んで、笑顔で次の仕事に頭を切り替える精神的なタフさが求められる。


2、「良い」

程々の評価である「良い」も枕ことばで、、下記のようにその後に続く場合が多い。

「良いアレンジだけど、サビはもう少しリズムがあった方がいいかな。」

こんな感じで、具体的な指示があったりする。

これは、若干の違和感がありながらも、及第点であるという評価だ。

しかし、喜んではいけない。

この評価が次の仕事に繋がるかは微妙だ。

どうしてもオーダーしたいというレベルに達していないので、もしかしたら、料金的な部分でしか勝負できない状況かもしれない。

ここは、どんな理不尽な修正を指示されても笑顔で受け入れて、どうにかして次の仕事に繋げて、なんとしてもリベンジすることが大切だ。

この評価も、精神的タフさが求められると思う。



月末の締め切りもあるので、この続きは次回に。

良いノイズと悪いノイズ

コンピュータやIT技術が苦手の人はよく「自分はアナログ人間なので、デジタルは苦手です」という言い方をする。

しかし、レコーディングの現場では、コンピュータの中で数値化された信号がデジタルだし、マイクやアンプなどで空気振動を電圧変動に変換した信号がアナログだ。

アナログ信号は、トランジスタなどの半導体や真空管などで小さな信号を大きい信号に増幅処理が行われる。

その時、必ずノイズがアナログ信号に混ざってしまう。(エンジニアさんはノイズが乗るという)

そして、そのアナログ信号はテープレコーダーに記録され、そこでテープヒスノイズという新たなノイズが加わる。

昔はそのノイズを聴感上小さくなるように録音技術が工夫され、ノイズの少ないクリアな録音が良い録音とされてきた。



翻って現在の録音はどうであろうか。

ノイズのないクリアな音の処理が行われるコンピュータ内部のデジタルデータに、わざわざノイズを乗せることがトレンドだ。

そのノイズは、名機と呼ばれているアナログのマイクアンプやイコライザーやコンプレッサーやテープレコーダーのノイズをシミュレートしたプラグインで発生させる。

それも、内部のひとつひとつの部品のノイズを解析して、かなり正確にシミュレートしている。

乗せるノイズもなんでも良いわけではなく、良いアナログ機材のノイズは良いノイズということのようだ。

たしかに、不思議なことに良いノイズを加えると、温かみのある、言うなれば人間的な音になる。



今ここで耳を澄ますと、風の音、遠くの車や電車の音、空調音、鳥や虫の鳴き声、など環境音が聞こえるはずだ。

普段は意識をしない環境音であるが、それがある環境が自然であると脳が認識しているのであろう。

そんな環境音に囲まれている中に、ある音にノイズが含まれないと脳が認識すると、不自然なものとして、その音を感覚的に拒否したくなるのかもしれない。

そう考えて行くと、もしかしたら悪いノイズは、ノイズの無いことなのかもしれない。

やっぱり、純粋無垢であることより、ノイズで少し汚れた方が人間的なのだろう。

癒される美しいMV「君のためにできること/大下香奈(ホリデージャパン)」

ある有名なソムリエが、ブログで「ワインは価格が正義」と書いていた。

高価だから美味いとか、味が今ひとつでも低価格ワインが良いとか、そんな意味ではないようだ。

高価で不味いワインもあるし、低価格で程々に美味しいワインもある、と言う意味だったと思う。

ワインは環境の変化の影響を受けやすく、保存方法や運搬方法で味が変わる。

赤道直下をコンテナ船で、50度以上の温度で熱せられたワインは、もちろん論外に不味い。

フランスやイタリアの現地で激安のワインでも、定温コンテナで輸入されたものは、低価格でも美味い。

高価なワインでも、輸入業者が温度管理の悪い倉庫に保管してあったら(保管料が安い)、不味いワインになってしまう。

ワインは相場があるので、ワインの知識がないのに金儲けで安く仕入れて高く売ろうと思っている、悪徳輸入業者はやりがちだ。

ただ酔っ払う目的ではこんな話は面倒臭いだけであるが、ワインを趣味として考えれば、なかなか奥が深くて楽しい。




さて、昨年の10月24日にリリースされた「君のためにできること/大下香奈(ホリデージャパン)」のMVの美しい映像に癒される件。

このシングルはタイトル曲とともにカップリング曲「この街で」も編曲させていただいた。

「君のためにできること」は、メモリーグラスのヒットで有名な堀江淳さんの書き下ろした楽曲だ。

なんでも、嫁いで行く娘さんに対する想いにインスパイアされて作られたとのことだ。

大下香奈さんは、現役のアナウンサーで歌手であるという才色兼備な方で、伸びやかな高音が美しい。

ドローンを駆使した空撮があり、誰もが大自然のの美しい風景とともに、美しい声に癒されるここと思う。

伊豆半島に旅行に行かれた方にはお馴染みの場所での撮影のようだが、ドローンを使っているのに、よく外部の人が誰も映らない映像が撮影できたものだ。

心身共に疲れた時、美味しいワインを片手に、視て、聴いて、癒していただけたらと思う。


バリカンの上手な美容師

男の50代で、清潔感のあるスタイリッシュなヘアスタイルを考えると、非常に限られてくる。

僕は今年で58歳になるのだが、白髪も増えてゴマ塩だし、猫っ毛でコシがなくなり、額部分は後退し、頭頂も薄くなってきた。

そうなると、ツーブロック一択になるように思う。

両サイドの刈り上げが必須だし、僕は後ろも刈り上げている。

できれば、バリカンが上手な人に刈り上げてもらいたいが、ヘアサロン(美容院)の美容師にはあまりいないように思う。

もちろん床屋に行けばいいだけの話だが、EXILEや三代目のメンバーのようなアスリート的な精悍な感じになるので、僕のようなアラ還のオヤジにはちょっと厳しいかも。

できれば、ヘアサロン(美容室)でソフトで、ちょっぴり男らしいツーブロックにしたいと思う。



僕の毎月行っている近所のヘアサロンの美容師(女性)は、何の迷いもなく、いきなりバリカンでバッサバッサと刈り上げる。

多くの美容師は、ためらいながらチビチビとクシを当てながらのバリカンを使うので、地肌のスケ感が今ひとつだ。

地肌と刈る髪を直視してバリカンを使わないと、あまり男らしさの演出ができないように思う。

床屋的な男らしさは僕には厳しいが、若干の男らしさは欲しい。

やっぱり、つくづく思うが、クシで刈る部分を隠してはダメだ。



ふと思ったが、これからは「バリカンの上手な美容師」の需要が高くなるのではないか。

僕のように考えている40代50代60代の男性も多いと思う。

AI(人工知能)でなくなる仕事のことが日々取り沙汰されている世知辛いご時世だが「バリカンの上手な美容師」はそんな中でも勝ち抜けるスキルではないかと思う。



今日は、そんなこと考えながら「バリカンの上手な美容師(女性)」に髪をバッサバッサと刈り上げてもらっていたわけだ。

オリコン「週間演歌歌謡シングルランキング」23位!「笑顔の花束/藤森美伃(徳間ジャパン)」

先日、僕が編曲をした「笑顔の花束藤森美伃徳間ジャパン)」のプロモーション動画のPV数が伸びている記事を書いたが、昨日発表のオリコン週間ランキングで「週間シングル 118位」「週間演歌歌謡シングル 23位」になった。

その記事に書いたYouTubeの動画のPV数も現時点で12221PVに躍進している。

普通は、リリース日に瞬発力でセールスを出して、その週のオリコンランキングに入るケースが多いように思う。

しかし、2/6リリースで35日後のにオリコンのランキングに入ることは珍しいケースではないだろうか。

これは、藤森美伃さんご本人と作詩作曲のたきのえいじさん、そして徳間ジャパンの3者がタッグを組んだ、プロモーションとキャンペーンの成果だと思う。

関係者の皆さんの努力に頭の下がる思いだ。

藤森さんご本人に今後の動きを伺ったところ、東京周辺のキャンペーンが終わり、これから名古屋や大阪方面にキャンペーンを行い、さらに北陸や東北の方面へ足を延ばす計画とのこと。

まだまだこれからランキングが上がることが期待できそうだ。



藤森美伃さんと、たきのえいじさんが出演している、「笑顔の花束」の歌唱についてレクチャーしている動画があるので、ぜひご覧にになっていただきたい。

サックス奏者の近藤淳さんが、YouTubeで面白いことをやっている。


昨年の夏に、ワイン好きが高じて、22本入りの小さなワインセラーを購入した。

安いワインをワインセラーで一年くらい熟成させて、美味しくなった頃に飲もう、なんてさもしいことを考えていた。

しかし、熟成するまえにどんどん飲んでしまうので、ワインセラーに入っているワインは常時4本くらいで、何のために購入したのやら。

ある時ふと、2、3日でもワインセラーに入れておくと、かなり美味しくなることに気がついた。

赤ワインミディアムボディかフルボディばかり飲んでいるのだが、それらに限ってなのかもしれないが。

14度の定温で、紫外線のカットされた振動のない静かな環境で、何かが落ち着いて味が安定するのかもしれない。

安いワインを美味しく飲むという意味合いで、購入したのは正解だったかもしれない。

ただ、安くて美味しければ、自然と酒量は増えるよね・・・




ところで、仕事で大変お世話になっている、日本有数のサックス奏者の近藤淳さんが、YouTubeで面白いことをやっている。

めちゃモテないサックス Channel5513」という番組名で、昨年の7月から定期的に更新されて、現時点で39回目だ。

「歌心たっぷりのサックス」の演奏と、人柄がにじみでる暖かくて素朴なトークに、誰しも癒されることと思う。

売れっ子ミュージシャンで物凄く忙しいはずなのに、楽しそうに更新し続けているエネルギーと情熱に、ただただ驚くばかりだ。

その第1回目が、こちらだ。



Appendix

プロフィール

Deep寿

Author:Deep寿
フリーランスの作編曲家
たまにピアノ弾き

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR